Top | RSS | Admin
FOOTBALL FUTEBOL FÚTBOL!! | LSL活動報告
昨日は日本代表がオマーン相手に快勝でしたね!
何と言ってもやはり中村と松井の攻撃的MFと遠藤と長谷部のボランチが支配する中盤が圧倒的でした。元々日本は中盤の支配力は高かいチームなんですがボールを回すだけで全然得点に結びつかないと言った悪い癖があったのですが、今回はそれが払拭されていましたね。中村、松井の両エースは海外でバリバリやっているせいか「中盤であっても点を取りにいく」意識がすごく強いのがいいです。中村は安全なパスではなく“得点にむすび付くラストパス”を虎視眈々とねらい続けていたし、松井はボールを持つとまず縦に勝負して相手をくずす動きをしていました。点を取るにはどうすればいいのかを知り尽くしていますね。遠藤のボランチも良かったです。今や遠藤のような司令塔タイプのパサーはチェックのきびしいトップ下の位置では無くて、一つ下がったボランチに位置するのがプレミアや世界のトップリーグでは主流になってきてますからね。そしてもうひとりのボランチ長谷部もよかった。守備力では正直鈴木のほうが上の気がしますがアジア最終予選のようにどちらかと言うと点を取りに行く試合では長谷部の攻撃力も物をいいますね。若干細かいミスがあったのが気になりもしましたが今後に期待です!そしてFW陣。今までの日本代表のFWはとにかく『点を取りにいかない守備的FW』と言う世界的にも珍しいFWが多かったのですが、大久保と玉田はいい意味で点を取ることを意識しているFWですね。大久保なんかは「そこで打つのかよ!」って無茶な体勢でシュート打ったりもしますがFWならアレくらいでいいと思います。他のFWがシュート打たなすぎですからね。日本はそれでなくても中盤はパサーが多いので、パスに対して走りこんでシュートが打てるFWは良いと思います。いや今までみたいにポストプレイも重要だと思うけど、落とした後にシュート打たなすぎでしたからね。ポストプレイの意味がない。守備も良かったです。アジア最終予選だとどうしても“点を取りに行きながら失点しない”スタイルになるので、ただ守ればいいという訳でなく攻撃力も試されます。そんな中で左サイドの長友の運動量はすばらしいですね。中盤がボールキープできる選手が多い関係もあってがんがんライン際をあがっていました。あの運動量は本当にすばらしいです。現代の主流のサッカーにおいてサイドバックの攻撃参加は必須になりつつありますからね。そして中沢とトゥーリオの二人!この二人はやっぱり凄い。中沢は見事なヘディングで先制点を叩き込みモヤモヤしていた雰囲気を叩き壊してくれました。トゥーリオは二点目の基点になった時はFWの前を走っていてFWの大久保が「トゥーリオがいてびっくりした」といわれるほどの果敢な攻め上がり。アジアではけっこうマンツーマンで人にディフェンスがついたりするのでDFが攻めあがると誰がマークするのか混乱してしまうので、非常に効果があるんですよね!いやー岡田監督からオシム監督になって初めて『岡田監督のチーム』として戦ったんではないでしょうか。オシム監督の独自の理論と戦術、そして人選は他人には真似できない孤高な物として確かにあるとはおもう。けど岡田監督だっていいと思いますよ。この人のいい所はすごく『わかりやすい』です。独自の理論よりも調子のいい選手をキチンと使う。選手もアピールすれば使ってもらえるのでがんがんがんばる。戦術もどう戦うのかがはっきりと明確なので選手もやりやすいと思いますよ!!!



まあ このブログはあくまでも大航海オンラインブログなので

サッカーの話は この辺で終わっておきましょう!



   そんな訳で

08060110.gif


今回は サッカーのネタです!!Σ( ̄□ ̄;)


続きは これ↓を押してから
moreで 読んでね!
→ more・・
スポンサーサイト



【2008/06/03 22:06】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑



| Top |